バルトレックス・ゾビラックスはヘルペス症状!副作用など

バルトレックスというお薬はどういう症状のお薬?

バルトレックスはグラクソスミスクライン社から発売されている医薬品でヘルペスウイルスに効く抗ウイルス薬です。ヘルペスウイルスが原因の帯状疱疹、単純疱疹、性器ヘルペスの治療に用いられウイルスの少ない発症初期に使用する事でウイルスの増殖を抑えられる為症状の悪化を防ぐことができ、治癒が早まります。バルトレックスは体内で抗ウイルス作用を持つアシクロビルに変換され効果を発揮し、吸収効率が良い第二世代抗ウイルス薬です。

valtrex

バルトレックスの使用方法

バルトレックスは単純疱疹の場合1回500mgを限度とし1日2回、帯状疱疹の場合は1回1000mgを限度に1日3回、性器ヘルペスには1回500mgを限度に1日1回服用します。

バルトレックスの副作用・注意点など

バルトレックスの副作用は下痢や吐き気などの胃腸症状やめまい、頭痛、眠気などで少ないほうですが重篤なものとして急性腎不全、妄想、けいれんなどの精神神経症状、間質性肺炎、息苦しさやから咳などの呼吸器症状があります。

バルトレックスで有名なジェネリック医薬品は?

バルトレックスのジェネリックとして有名なお薬は「ゾビラックス」です。

zovirax200

 

オススメの通販サイトは?

薬通販ディップDIPクスリクス

logo (2)
kotira2

>>ゾビラックス・バルトレックスの両方が薬通販できるページへ

 

ヘルペスはニキビ、吹き出物とも言われております。

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ